ニュース

米国女子ISPSハンダオーストラリアン女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2013年 ISPSハンダオーストラリアン女子オープン
期間:02/14〜02/17 ロイヤルキャンベラGC(オーストラリア)

申智愛、15歳アマを振り切って開幕戦優勝!上原彩子は48位

◇米国女子◇ISPSハンダオーストラリアン女子オープン 最終日◇ロイヤルキャンベラGC(オーストラリア)◇6,679ヤード(パー73)

韓国の申智愛が貫録を見せつけて2013年シーズン最初のチャンピオンとなった。15歳のリディア・コー(ニュージーランド)と並び、3位に6打差をつけてスタートした最終ラウンド。出だしでつまずいたコーに対し、後半12番でこの日2つ目のボギーを叩いて並ばれたが、14番から2連続バーディを決めて引き離し、「72」で通算18アンダー。昨年の「全英リコー女子オープン」以来の勝利を飾った。

コーは開始1番でダブルボギー、続く2番もボギーと出端をくじかれながらも挽回を見せたが、最後は及ばず。結局「76」で通算14アンダーの単独3位となり、昨年史上最年少優勝記録を樹立した「CNカナディアン女子オープン」以来のツアー優勝、前週の「ニュージーランド女子オープン」に続く“2週連続優勝”はならなかった。

2人の間、単独2位には女王ヤニ・ツェン(台湾)が入った。最終日「66」と7つスコアを伸ばして通算16アンダー。昨季中盤の不振を感じさせないプレーで開幕戦を終えている。13アンダーの4位タイはモリヤ・ジュタヌガラン(タイ)、ベアトリス・レカリ(スペイン)だった。

日本の上原彩子は6アンダーの24位タイからスタート。4バーディ、6ボギーの「75」とスコアを2つ落とし、通算4アンダーの48位タイでツアーメンバーとしての初戦を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2013年 ISPSハンダオーストラリアン女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。