ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2001年 全米女子オープン
期間:05/31〜06/03 場所:パインニードルス ロッジ&GC(ノースカロライナ州)

K.ウェブが2日目のリードを保ち、独走態勢に入った。

全米女子オープン3日目。2日目にサスペンデッドになったため、この日は早朝から競技が再開された。前日早めのスタートだった為ホールアウトできたK.ウェブが5アンダーまでスコアを伸ばしたが、その他の選手は悪天候にも阻まれスコアを伸ばせなかった。

そして迎えた第3ラウンド。各選手スコアを落とす展開でスコアを伸ばしたのはたったの2人。トップのウェブが1ストローク伸ばして独走態勢に入った。
通算でのアンダーパーはトップを行くK.ウェブ朴セリだけ。朴は初日1アンダーで第2、3ラウンドは共にイーブンパー。耐えるゴルフで単独2位をキープしている。 ウェブとの4打差をどう詰めてくるか、最終日の対決が楽しみだ。

そして、大健闘をしているのが日本の賞金女王、不動裕理。第2ラウンドで1オーバーまでスコアを戻した不動は、第3ラウンドに入ると前日と同じように3番、10番、12番ホールでバーディを奪い2アンダーまでスコアを伸ばした。しかし、後半ボギーを3つ叩きスタート時の1オーバーに戻してしまった。最終日にどこまでスコアを伸ばせるか、持ち前の粘り強さを発揮してもらいたい。

初日イーブンパーに抑える好スタートをきった中野晶は、第2ラウンドでスコアを4つ落としたが、決勝ラウンドには難なく進むことができた。しかし、この第3ラウンドでも5オーバーにしてしまい、通算9オーバーの39位まで順位も下げてしまった。
福嶋晃子は2日目のラウンドを終えて8オーバー。予選通過ラインぎりぎりと思われていたが、1打足りず決勝ラウンド進出はできなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!