ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 全米女子オープン
期間:07/05〜07/08 場所:ブラックウォルフランチャンピオンコース(ウィスコンシン州)

選手コメント集/全米女子オープン事前

上田桃子

「難しいのが当たり前なのがUSOPEN。自分ができるベストを尽くして頑張りたいです。フロント9が特にトリッキーだけど、良いショットをしたらバーディチャンスにつけられるコース。毎日イーブンを目標に頑張りたいです。今まではすごく沢山練習ラウンドをして、試合前に入れ込みすぎていたと思うので、今週はリラックスしていこうと。今年はコースに勝ちたい。4日間、堂々とプレーしたいです」

馬場ゆかり

「難しいですね。距離もあるし、グリーンがアンジュレーションだらけで見た目と違ったりするので、総合的に難しいです。グリーン上でしっかりできる人が上に来ると思います。私自身のゴルフの調子は悪くないと思うけど、割り切って打たないといけないホールがあって、メンタルで左右されるので、思い切り行ければいいです。予選をクリアできればOK。良い成績を残そうとかではなく、来週に向けてよい調整ができれば、くらいの気持ちでやっています」

<< 下に続く >>

綾田紘子

「ウェイティングで入れるのは、先週末に聞きました。決まっていなかったら練習ラウンドもできなかったので、良かったです。距離がちょっと長くて、フェアウェイが広く、グリーンも大きい。アンジュレーションもあるから、アプローチとパターでしのいでいけたらと思います。今年はあまり出られる試合もなかったのですが、たまたま全米女子オープンというのが目に入って、初めての予選会で通過できました。ラッキーでしたね」

中山三奈

「コースはタフといえばタフですが、正確に攻めていけば意外とスコアが出そうな雰囲気です。ポイントはグリーン、パッティングですね。結構アンジュレーションがあるので。(3度目の予選会を通過して出場)ずっとLPGAの試合に出てみたくて、今回が初めてだし、世界で一番大きい試合に出られて光栄です。1日でも早く、こっちでプレーしたいです。優勝したら、すぐ来られますね(笑)」

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには吉川桃選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
`2020年 ニュースランキング
2020年上半期にお届けしたさまざまなニュースの中から、もっとも読まれた記事を厳選。未曾有の事態に直面した半年間を、ランキング形式で振り返ります。1位に輝いたニュースは…?

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!