ニュース

米国女子マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

メジャーは渡さない! K.ウェブが5アンダー暫定首位

米国女子ツアーの今シーズンメジャー第2戦「マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権」がデラウェア州にあるデュポン・カントリークラブで開幕した。初日は雷雨に見舞われ進行が大幅に遅れ、72名がホールアウトできずサスペンデッドになった。

暫定ではあるが、カリー・ウェブが5アンダーで単独首位に立っている。今シーズンのウェブは自身の開幕戦を地元オーストラリアの豪州マスターズで迎えた。大会4連覇という偉業を狙ったが、アニカ・ソレンスタムに阻まれてしまった。そして5月には日本のニチレイカップで不動裕理に逆転負けを喫した。

<< 下に続く >>

米ツアーでも6月に入るというのに未だ未勝利。ウェブ不調説まで出る状態になっている。しかし、メジャーとなると話は違うようだ。15番ホールまで終了し5バーディ、ノーボギーと連覇に向け順調にスコアを伸ばしている。

ウェブの最大のライバル、ソレンスタムは4バーディを奪いながらボギーを3つ叩き、1アンダー8位と静かなスタートを切った。メジャー第1戦で優勝しているソレンスタムは連勝と共に年間グランドスラムをも狙う勢いだ。久しぶりにウェブとの戦いが見られそうな展開になってきた。

期待の日本勢は、10番からスタートした小俣奈三香が18番ホールを終えて、1アンダーでソレンスタムと同じ8位で健闘中。福嶋晃子はホールアウトし、イーブンパーで18位につけている。この日の福嶋はバーディを6つも奪ったのだが、スコアを伸ばせず出入りの激しい内容だった。

そして、1番ホールをボギーでスタートした片野志保は7番ホールを終了して5オーバー100位、早めのスタートになった小林浩美は7オーバー124位と大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2002年 マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!