ニュース

米国女子マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

韓国のH.W-ハンが4アンダー首位、アニカは6位につけた

米国女子ツアー・今シーズンのメジャー第2戦『全米女子プロゴルフ選手権』が開幕した。場所はデラウェア州ウィルミングトンにあるデュポンCC。賞金争いでも首位を独走するアニカ・ソレンスタムが、優勝できるのかに注目が集まっている。

初日は韓国のH-W.ハンことハン・ヒー・ウォンが6バーディ、2ボギーの4アンダーで単独首位に立った。昨年はハンの先輩にあたる朴セリが優勝しているが、好調の韓国勢が連覇を達成するのだろうか。

<< 下に続く >>

首位と1打差の3アンダーには、ウェンディ・ウォードとオーストラリアのジョアンナ・ミルズが並んでいる。4バーディ、1ボギーのミルズに対し、ウォードは首位のハンと同じ6つのバーディを数えたが、ボギーも3つ叩いてしまった。

さらに1打差の2アンダーには、韓国2番手グレース朴とこちらもオーストラリアのレイチェル・テスキが並んでいる。14番パー4でチップインイーグルを決めたグレースだが、ボギーを4つ叩きスコアを伸ばしきることができなかった。この日はバーディもでるのだが、ボギーを叩く選手が続出している。

そして優勝候補の筆頭、アニカ・ソレンスタムも例外ではなかった。3バーディ、2ボギーの1アンダーは6位タイ。静かな立ち上がりとなったが、2日目以降は爆発的なスコアを出してくるかもしれない。

今週の日本勢は、メジャーに強い福嶋晃子をはじめ、小林浩美、小俣奈三香の3名が出場している。もっともスコアが良かったのは、やはり福嶋だった。3つのバーディに対しボギーが1つ上回ったが、17位とまずまずの位置につけている。連覇を狙う朴セリカリー・ウェブロレーナ・オチョアなどもこの17位グループに潜んでいる。

2オーバー33位に入ったのは小林浩美だ。1バーディ、3ボギーと崩しそうで崩れない、我慢のゴルフで初日を終えた。そして小俣奈三香は、3連続を含む6つのボギーを叩き4オーバー75位と出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マクドナルド全米女子プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!