ニュース

米国女子チックフィルAチャリティ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 チックフィルAチャリティ選手権
期間:04/25〜04/27 場所:イーグルズランディングCC(ジョージア州)

久々の首位!カリー・ウェブが8ヵ月ぶりの優勝に王手!

米国女子ツアー第6戦「チック・フィルAチャリティ選手権」は、初日が日没サスペンデッドになり約半数の選手がホールアウトできなかった。その影響で2日目も進行が遅れ、36名の選手が、3日目に予選ラウンドを引きずることになった。

暫定ではあるが上位陣はすでにホールアウトし、トップに立ったのはオーストラリアのカリー・ウェブだ。初日5バーディを奪ったウェブは、2日目も6バーディを奪い、これまでノーボギー。完璧な内容で11アンダーまでスコアを伸ばしている。

<< 下に続く >>

ライバルのアニカ・ソレンスタムが常勝を続け、ここ2年間はナンバー2の座に甘んじているウェブが、昨年8月に行われた「全英女子オープン」以来の優勝まで、あと一歩というところまで来まできた。今週はアニカが出場していないこともあり、ウェブの復活優勝を期待するファンも多い。

しかし、そのウェブの優勝に待ったをかけるべく、韓国の朴セリもスコアを伸ばしている。初日1アンダーと出遅れた朴だが、2日目はウェブを上回る7バーディ、ノーボギー。今シーズンすでに1勝している朴が、ウェブの前に立ちはだかるか最終日の戦いが見ものだ。

今週の日本勢は、福嶋晃子と小林浩美が出場している。福嶋は初日を終えた時点で暫定6位に入っていたが、この日の午前中に全選手がホールアウトし、10位に後退。迎えた第2ラウンドではスコアを伸ばせず3アンダーで29位となっている。

小林浩美は第2ラウンドを10番ホールからスタートし、6番ホールを終えたところで日没になってしまった。この日もボギーが先行する苦しいラウンドは続き、現在3オーバーの102位。予選通過は難しくなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 チックフィルAチャリティ選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには平井亜実プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!