ニュース

米国女子HSBC女子チャンピオンズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 HSBC女子チャンピオンズ
期間:02/24〜02/27 タナ・メラCC(シンガポール)

有村智恵が1打差の首位キープ!米ツアー初優勝なるか?

シンガポールにあるタナ・メラCCで開催されている米国女子ツアー第2戦「HSBC女子チャンピオンズ」の3日目、2日間首位を守り続ける有村智恵が、この日も「71」ときっちりとスコアを伸ばして首位キープ。LPGA初制覇へ向けて、通算11アンダーの単独首位で最終日を迎える。

1打差の2位に続くのは、有村と共に最終組を回って2つスコアを伸ばしたカリー・ウェブ。熟練の落ち着きで有村にプレッシャーを掛けたいところだ。また、通算5アンダーの3位タイには世界ランク1位で3週連続優勝中のヤニ・ツェンと、昨年の賞金女王チェ・ナヨン、さらにユ・ソンヨンの3人がつけている。日本勢は宮里藍宮里美香が通算2アンダーの8位タイと好位置をキープ。上田桃子は5オーバーの35位タイと下位に沈んでいる。

有村は苦しみながらもトップをキープ

10アンダーの単独首位でスタートした有村は、5番でウェブに並ばれるが、その後も大きな乱れはなく4番、11番でバーディを奪う。17番で3パットのボギーをたたくが、結局スコアを一つ伸ばした。ラウンド後は、今大会初めて公式会見に出席。27日の最終日も、もちろん最終組で回る。「きょうも本当に楽しかった。最後までわからないけれど、この気持ちで頑張りたい」と無欲で米国女子ツアー初優勝を狙う。

ウェブが有村との一騎打ちへ

8アンダーの単独2位で出たウェブは有村、ユ・スンヨンとの最終組で2番、5番でバーディを奪い、序盤からチャンスをものにした。プレッシャーのかかる最終18番で3メートルを沈めて通算10アンダーに。「(有村と)1打差で終われたのは幸運だと思う」と話した。通算36勝(メジャー7勝)と百戦錬磨のベテランは「智恵にはすごいチャンス。彼女は米国ツアーでは勝ったことはないけれど、日本では何度も優勝している。勝つ方法は知っているはず」と最終日の決戦へ一歩も引かない構えだ。

藍は好プレーも連覇が絶望的に

ディフェンディングチャンピオンの宮里藍は、上田桃子とラウンド。3バーディ、1ボギーの「70」をマークしたが、首位の有村とは9打差に。「たくさんバーディチャンスもあったし、パッティングも良かった」と言うように、終始惜しいパットが目立った。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 HSBC女子チャンピオンズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。