ニュース

米国女子サイム・ダービー LPGA マレーシアの最新ゴルフニュースをお届け

ジミン・カンが逆転優勝!美香は3位タイ、藍は28位タイフィニッシュ!

マレーシアのクアラルンプールG&CCで開催されている、米国女子ツアーの第22戦「サイム・ダービー LPGA マレーシア」の最終日、ジミン・カン(韓国)が、トータル9アンダーで優勝を手にした。

首位と3打差の7位タイでスタートしたカンは、上位がスコアに伸びなやみを見せる中、7バーディ、1ボギーと「65」をマークし単独首位に立った。僅か1打差で上位争いがひしめく中の逆転劇。2005年の「LPGAコーニングクラシック」以来、通算2勝目となった。

単独2位に入ったのは、ジュリー・インクスター(アメリカ)。カンと並んで迎えた最終ホールをボギーとしてしまい、トータル8アンダーにスコアを落とし優勝を逃す。最終日を首位でスタートしたマリア・ヨース(スウェーデン)はトータル6アンダーで3位タイに食い込んだ。

首位と2打差の4位タイで最終日を迎え、優勝争いができる位置につけた宮里美香。この日は4バーディ、2ボギーと2つスコアを伸ばすにとどまったが、トータル6アンダー、3位タイの大健闘。米国女子ツアー2度目のトップ3フィニッシュで、初優勝まで益々期待がかかる。

2日目を43位タイと出遅れた宮里藍、最終日は何とか粘りを見せ、スコアを2つ伸ばし、2オーバー28位タイでフィニッシュ。また34位タイでスタートした上田桃子は、後半で失速。スコアを3つ落とし、5オーバーの41位タイに沈んだ。

その他、賞金ランキング首位の申智愛は、トータル4アンダー、6位タイ。チェ・ナヨンは、トータルイーブンで16位タイ。世界ランキングで宮里に僅差で迫っているクリスティ・カーは、トータル3アンダー、単独8位で大会を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 サイム・ダービー LPGA マレーシア




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米オープン
2019年のメジャー第3戦「全米オープン」は13日(木)に開幕する。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。