ニュース

米国女子HSBCワールド女子マッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2006年 HSBCワールド女子マッチプレー選手権
期間:07/06〜07/09 場所:ハミルトンファームGC(ニュージャージー州)

宮里藍、不動裕理は1回戦で敗退!女王アニカらは順当に2回戦へ

米国女子ツアー第15戦「HSBC ワールド女子マッチプレー選手権」が、ニュージャージー州にあるハミルトンファームGCで開幕。日本勢は宮里藍不動裕理ともに1回戦で敗退となった。

宮里は韓国のペ・ギョウンと対戦。白熱したシーソーゲームとなったが、最終的にはバエに2アップで破れた。一方の不動は、ブレンディ・バートンに常に先手を取られ4&3で敗戦。

<< 下に続く >>

注目選手では、女王アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)が、3&2でヴィラーダ・ニラパスポンポーン(タイ)を撃破。ポーラ・クリーマーも、ミリアム・ネーグル(ドイツ)を2&1で下した。さらに、ミッシェル・ウィもキャンディ・ハネマンに5&3で勝利し、2回戦へ駒を進めた。

そのほか、昨年の覇者、マリサ・バエナ(コロンビア)が、ウェンディ・ウォードとの21ホールに及ぶ激戦を制すなど、多くの強豪選手が勝ち上がっている。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2006年 HSBCワールド女子マッチプレー選手権




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!