ニュース

国内シニア皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

キム・ジョンドクが逃げ切って今季2勝目!

兵庫県にあるジャパンメモリアルゴルフクラブで開催されている、国内シニアツアー第6戦「皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会」の最終日。単独首位からスタートしたキム・ジョンドク(韓国)が、通算13アンダーで今季2勝目を挙げた。今年で50回目を迎える歴史ある大会で、初の韓国人選手の優勝者となり、賞金ランクも2位に大差をつけて首位に立つ。

首位と3打差の通算10アンダー単独2位には、友利勝良が5ストローク伸ばして5位タイから浮上した。通算6アンダー3位タイには三好隆グレゴリー・マイヤーの2選手、通算5アンダーの単独5位にはマルク・ファリー(フランス)が続いた。

そのほか、奥田靖己高橋勝成B.ルアンキット東聡が通算4アンダーの6位タイでフィニッシュしている。

<日本タイトル獲得のキム「ほんとうにうれしい」>
単独首位からスタートしたキムに、プレッシャーをかけ続けたのは、2打差を追う三好。前半は、両者一進一退のプレーを展開したが、勝負の分かれ目となったのは10番(パー4)。キムがバーディを奪うが、三好はボギー。さらに「12番でバーディが獲れて、3打差になった時に優勝を意識した」と、キムのスパートはここから開始。13、14番と3連続バーディを奪うと、2位に3打差をつけて逃げ切った。「先週は韓国、今週は日本で優勝できてうれしい」と喜びに浸った。今大会の優勝により、来年の「全英シニアオープン」出場権を獲得、その先を見据え目を輝かせた。

<友利「バーディは一番のクスリ」>
スタートから連続バーディ発進と、「今日はほとんどアプローチをしていない」とセカンドショットがビシビシとグリーンを捕えた。「自分のゴルフをすることだけに集中していた」と話す友利は、チャンスを生かしバーディパットを次々と沈めた。「(チャンス)につけても拾えない時期は辛かったが、ここ数戦は獲れるようになってきた。バーディはゴルファーにとっての一番のクスリですね」と表情を緩める。友利の2位は今季最高位。シーズン終盤、残すはビッグタイトルの2戦、勝利の準備も整った。

<失速の三好は自分でミスして崩れる>
キムに着かず離れずの粘りを見せた三好は、ハーフターンで1打差に迫るも後半10番で失速。バーディチャンスにつけるが、ことごとくカップに嫌われパーセーブ。この日の三好は悔しさで何度も天を仰いだ。最終日は3ストローク落とし3位タイに後退。16番では痛恨のダブルボギーとし、自分でミスして崩れる。“攻め”のゴルフは、難コースのセッティングに敵わなかった。(兵庫県・吉川町/糸井順子)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 皇潤カップ日本プロゴルフシニア選手権大会




特集

世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。