ニュース

国内女子雪印レディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

初日トップは5アンダー 肥後かおり。

年間4勝、賞金女王に意欲をもやす服部道子。これを阻止して、余裕をもって米ツアーの2次テストにのぞみたい福嶋晃子。今週の焦点はこの2人の激突のはずだった。
しかし初日、トップを走ったのはこれも調子が上向き加減の肥後かおり服部道子はパープレーとしたが福嶋晃子は出遅れの2オーバー、37位。

肥後かおりはボギーなしの5バーディ。「長いパット、2~3メートルのいやらしいパットがよく入ってくれました」という肥後。しかし本当は「トップに立ちたくなかったんです」
「先週も初日トップに立ったけど、結局ダメになってしまった。先週だけでなく、よくそんなことをするんです。気持ちが入り過ぎるとダメになってしまう」
期待をかけないでプレーするから、むしろ体調の悪いときに好結果が出るのだという。

大城あかねも好位置は久しぶりだ。9番でイーグル。「イーグルでリズムよく行きたかったんですけど、ハーフターンで待ちが入ってインスタートの時には忘れてしまいました」
インに入ってからはバーディなし。「こういうスコア、4月以来ですね。あのときも最終日に崩れてしまいました。今週も悪くはないんですが、なんか気持ちがカラ回りしてるみたいで・・・」
2位とはいえ、あまり景気がよくない。「このあたりで気持ちを入れ換えて頑張りたいですね」

関連リンク

1998年 雪印レディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~