ニュース

国内女子ミズノクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

ヨースが逃げきり今季2勝目

村口史子、中野 晶に期待がかかった最終日。前半の村口は追撃の姿勢を崩さずスコアを伸ばしたが、しかし本場LPGA選手の底力、マリア・ヨースもバーディやイーグルを放りこみ、差は縮まらない。最後は村口の息切れ、ヨースは余裕の逃げきり勝利だった。

航空会社のミスで自分のクラブが届かず、結局最後まで貸しクラブでプレーしたヨースだが、2番で幸先のいいバーディ。6番ロングでは7Wでのセカンドが乗り、長いパットが入ってのイーグル。あとは余裕の3バーディ、1ボギーだった。

「2番のバーディでいける、と思った。最終日にリードして逃げきるのは難しい。フクシマが勝ったAFLACでも自分は逆転されてしまったし。でもその経験が役に立っていると思う。2回勝てると、これからもまた勝てそうな気がしてくる。グレート・パッピー!」

村口史子は「やる気まんまん」だったという。その気負いが逆にパットのタッチを狂わせてしまった。「入れたい気持ちが強過ぎてラインを出せなかった・・」

「反省はあるけど、悔いはないです。ベストは尽くしたし、パターが入る入らないは結果でしかないですから」

実は具玉姫のことも気になった。16番で具玉姫が追い上げていることを知ったという。現在、賞金ランキングの最大のライバル。「オッ、来たな!という感じ。なんとか順位を離したかったんだけど・・。負けません。負けないからネ」

「今日は自分の日じゃなかったのかな」と言ったのは中野晶。平穏無事な(?)2バーディだけのラウンドだった。「決めるところで決まらなかった。ヨースに付いていけなかった。技術的なものだけじゃなく、プラスアルファがなかったような気がします。でもショットはいいですから残り3試合!」

関連リンク

1999年 ミズノクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには照山亜寿美プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~