ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

具玉姫が追撃するも及ばず不動が今季8勝目

千葉県の東急セブンハンドレッドクラブで開催されている、国内女子ツアー第25戦「富士通レディース」の最終日。2位以下に5打差をつけてスタートした不動。難なく逃げ切ってしまうのかに思われたが、プロ生活19年目、韓国出身のベテラン具玉姫が猛チャージをかけた。

具玉姫は、前半9ホールで3連続バーディを含む5つスコアを伸ばす快進撃。一方不動は、2ストローク伸ばすものの、2人の差は2打差に縮まった。

リードが少なくなっても不動は慌てることなく、10番、15番でバーディを奪い3打差にした。ところが16番パー5で不動が長いバーディパットを寄せきれず、痛恨の3パット。具玉姫は4メートルのバーディパットを沈め、ついに1打差まで詰め寄った。

しかしその直後の17番パー3、具玉姫がティショットをグリーン奥のバンカーに捕まり、このホールをボギー。再び不動との差は2ストロークに広がった。そして迎えた最終18番をパーセーブし通算12アンダーで優勝。具玉姫は不動に一歩届かず、通算10アンダーの2位で競技を終えた。

2日目を終えた時の不動のインタビューでは「日本女子オープンでの借りを返す為にも最終日もスコアを伸ばして優勝したい」と語っていたとおり、この日はスコア“69”をマーク。3日間“60”台でのラウンド。不動の今季8勝目は、国内女子ツアー1シーズンの優勝回数記録を更新するとともに、初日から1度も首位の座を譲らない完全優勝という形で幕を閉じた。

また今回の優勝で今季の年間獲得賞金も1億1700万円となり、現在国内男子トップであるトッド・ハミルトンの獲得賞金1億300万円を抜いて国内ナンバー1となった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 富士通レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。