ニュース

国内、アメリカ、ヨーロッパの最新ゴルフニュースが満載!

ルーキー・川村昌弘の“上げ技”が凄い!

「週刊ゴルフダイジェスト」(2012年10月30日号)より

石川遼を例に挙げるまでもなく、近年若手プレーヤーの台頭が著しい男女日本ツアー。先日の女子ツアー・富士通レディースでも20歳のルーキー・成田美寿々が初優勝を遂げて話題になったが、男子ツアーでもルーキープレーヤーが活躍を見せている。

そのルーキーの名は川村昌弘。成田よりも若い19歳だが、その経歴は華々しい。2009年の日本アマで3位になり、中部アマにも優勝。翌年も中部アマを連覇し、全日本パブリックアマにも勝った。そして2011年日本ジュニアを制している。

その勢いのまま、2012年のツアー競技出場権を争うクォリファイングトーナメントで19位に食い込んで今季ツアー参戦すると、つるやオープンで2位、日本ゴルフツアー選手権5位、パナソニックオープン7位など、たびたび優勝争いに加わって、目下(10月14日現在)、賞金ランクで堂々の25位に位置して注目を浴びている。

「(川村)昌弘はプロになってから、アプローチの技術が上達しました。中でもボールを柔らかくふわりと上げて、球の高さと重さでグリーンに止めるアプローチは秀逸です」

こう語るのは、川村をジュニア時代から指導する増田哲仁(ますだ・てつじん)プロ。ゴルフ雑誌のレッスン等でおなじみで、「これでいいの? これだけで飛ぶの?」(ゴルフダイジェスト文庫)などの著書もあるコーチだ。「週刊ゴルフダイジェスト」10月30日号で、愛弟子・川村の得意技「ふわりと上げるアプローチ」を解説している。

それによると、このアプローチのコツは「体の回転に対して、常にヘッドを先行させて振ること」。具体的には(1)フェースを開き、グリップをできる限りソフトに握る。(2)常にフェース面が体の中心を向くように振る。(3)インパクトゾーンをゆるやかにする。(4)ゆっくり振って、ゆっくり飛ばす。この4つが重要なポイントになるという。

厳しいコースセッティングで戦うプロのみならず、アマチュアでも「グリーン奥から」「深いラフから」「ピンが近いとき」など、この「ふわりと上げるアプローチ」が生きる場面は多い。川村のようにピタリとピンに寄せるアプローチを身につけ、大きな武器にしたいものだ。

おすすめ記事通知を受け取る

ゴルフ誌No.1の人気を誇る「週刊ゴルフダイジェスト」電子版が発売!
ゴルフ雑誌のパイオニアとして40年超の歴史を持つ「週刊ゴルフダイジェスト」。常に上達志向を持ったゴルファーに応えるクオリティの高いレッスン記事はもちろん、最先端のギア・ファッション情報、トーナメント詳報やトピックス、国内外のコースのプレー情報、さらには大河ストーリーで人気のあるコミックまで。ゴルフを基軸とする日々の暮らしに潤いを与える“趣味誌”です。書籍販売サイト「honto」の電子書籍コーナー、「マガストア」でお買い求めください。スマートフォンやタブレット、PCでもご覧いただけます。

関連リンク




今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。