ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

不動を含め3人がトップに並んだ!上位は大混戦!!

三重県員弁郡の涼仙ゴルフ倶楽部で行われている国内女子ツアー第21戦『マンシングウェアレディース東海クラシック』2日目。先週に引き続き好調の不動裕理が初日でトップ。今週も突っ走るかに思われたが、これに待ったをかけるべく、不動を含め3人がトップに並ぶ大混戦となった。

初日5アンダー今季7勝目に向けて幸先スタートを切った不動は、2番でボギーを叩きつまずくものの、ホールを消化するにつれ確実にスコアを伸ばした。この日4バーディ2ボギー通算7アンダーで最終日を迎える。

初日を終えた時点でトップと1打差4アンダーの山口裕子は、不動に離されぬよう必死に喰らいついていき、最後はバーディを奪ってトップに追いついた。今シーズンは『ベルーナレディースカップゴルフトーナメント』で大山志保、シンソーラとの三つ巴によるプレーオフにもつれたが、惜しくも優勝を逃してしまった。2001年『SANKYOレディースオープン』で初優勝して以来、自身2勝目を狙いにいく。

そしてもう一人、この日6バーディ1ボギーと猛チャージをかけたのが原田香里だ。「ショットが良くパットが決まれば波に乗れると思った」と話すとおり、ピンを絡ませる場面が多く、エキサイティングなプレーを披露した。原田は初日13位からトップに並ぶ大躍進。1998年『リゾートトラストレディス』優勝から遠ざかってはいるが、最終日もこの調子で攻めていけるのか注目したい。

明日最終日は現在近づいている台風の影響で天候が心配されるが、どんな展開がまっているのか。女性達の熱いバトルが期待できそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。