ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

メジャー初日は32度を超える暑い戦いになった!

国内女子メジャー第1弾『日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯』が、埼玉県の太平洋クラブ&アソシエイツ江南コースで開幕した。初日の気温は32度を超え、残暑というより炎天下の猛暑。選手たちは汗を抑えながらのラウンドとなった。

首位に立ったのは6アンダーをマークした大場美智恵、我妻こずえの2人。4アンダー7位に入っている大塚有理子と、アウトコースをトップの7時20分スタートした3人が揃って好スコアを叩き出した。大塚、我妻がイーグルを奪い、大場は自分も頑張ろうと思った結果が好スコアに繋がったと言う。

<< 下に続く >>

首位に1打差の5アンダーには、小野馨子、難波結賀、茂木宏美、そして4年連続賞金女王を狙う不動裕理がつけている。不動はアウトコーススタートの午前最終組で福嶋晃子、井上真由美と3人でラウンド。練習ラウンド後には「ドライバーに不安がある」と言っていた不動だが、18番ホールでは、飛距離には定評のある福嶋を20ヤードもオーバードライブしていた。この日5バーディ、ノーボギーの安定したラウンドで初のメジャータイトル獲りに好スタートをきっている。

さらに2打差の4アンダーに大塚と、今シーズンツアー初優勝を果たした大山志保。3アンダーには福嶋や、1999年のこの大会で優勝している城戸富貴など実力者が並んでいる。

先週ツアー20勝目を達成した塩谷育代は、4バーディ、2ボギーの2アンダーで18位タイ。その前週に涙の優勝を果たした古閑美保も同じく2アンダーでラウンドしている。この日の人気は不動、福嶋組が1番だったが、古閑、岡本綾子組にも多くのギャラリーがついていた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!3月のマンスリーゲストには三浦桃香プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!