ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

高橋と中島による壮絶なデッドヒートの行方は・・・

国内女子ツアー「ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント」最終日。初日、二日目と首位をキープ、完全優勝に向けて王手をかけた高橋美保子。それを1打差でピッタリと後を追いかける中島千尋。最終組は、二人による壮絶な一騎打ちとなった。

この日も高橋が正確なアイアンショットでチャンスをつくり、逃げきり体制に入ろうとすれば、中島も負けじと得意のロングドライブで飛距離のアドバンテージを取り、バーディを奪う。

勝負も大詰めに近づき、2打差で迎えた16番ロング。このホールは3打目勝負となり、逃げる高橋は、グリーンをとらえるもピンの上につけてしまいバーディを奪えず。一方、追いかける中島は、ピン下につけてバーディを奪い、1打差に詰め寄った。

続いて17番、2日間続けてボギーを叩いている高橋にとって鬼門のホール。中島は完璧なティショットで絶好な位置につけるも2打目をショートしてしまい、パーをセーブするのがやっと。一方高橋は、長いパットをしっかりと寄せて、パーセーブした。

そして最終ホール、是が非でもバーディが欲しい中島は、2打目がショートしてしまい万事休す。そのころ高橋は、2打目を確実にとらえていた。このホール中島は、果敢に狙うも入らずボギーとし通算10アンダーでフィニッシュ。それを見た高橋は難なくパーをセーブし、今季初優勝を飾った。

そのほか連続優勝とはいかなかったものの不動裕理は、鮮やかなバーディラッシュをみせる。最終ホールもなんとかバーディパットを決め、大会レコードとなる65をマークし、通算8アンダー、3位タイで3日間の競技を終えた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。