ニュース

国内女子CAT Ladiesの最新ゴルフニュースをお届け

吉田弓美子、森田理香子ら首位に5人が並ぶ大混戦!

◇国内女子◇CAT Ladies 2日目◇大箱根CC(神奈川)◇6687ヤード(パー73)

雷雲接近により午後10時34分から1時間56分の中断を挟みながら行われた第2ラウンド。4アンダーから最終組で出た森田理香子はスコアを3つ伸ばして通算7アンダーとし、首位タイをキープしたが、後続の選手にビッグスコアが続出した。

「66」をマークしたオナリン・サタヤバンポット(タイ)、「67」の服部真夕らが同じくトップタイに急浮上。そして前週の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でツアー初勝利を手にした吉田弓美子が、イ・ボミ(韓国)とともに「68」と5ストローク伸ばして同じく通算7アンダー、5人の首位グループを形成した。

初日首位タイからスタートした斉藤愛璃は、福嶋浩子と並び1打差の通算6アンダー、6位タイに一歩後退。5アンダーの8位タイに全美貞(韓国)、表純子菊地絵理香がつけている。

ディフェンディングチャンピオンの有村智恵横峯さくら上原彩子らと並び通算1オーバーの40位タイで最終日を迎えることになった。

吉田弓美子、初優勝から2週連続優勝の偉業に挑む>

先週の「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」でツアー初優勝を飾った吉田弓美子が、今週も2日目を終えて首位タイと、2週連続優勝へ向けて絶好の位置につけている。今大会は過去2年続けて予選落ちをしている苦手トーナメント。「取りあえず予選通過を目指していた」という吉田だったが、高校の2年後輩の斉藤愛璃がリーダーズボードのトップを走り、「なんとか一緒に回れるように頑張ろう」と後輩に引っ張られた。「愛璃のおかげというのはあります」と、率直な言葉がこぼれた。

2週前の「meijiカップ」で1日に3度のチップインがあったという吉田。「それ以来、アプローチが好きになりました。前までは苦手だったし、特に変えたことはないのですが、ただの自信です」と笑う。この日も「外したらチップイン狙いで、不安なくやっていました」と、出だしの1番から積み上げたバーディは5つでボギーはゼロ。「68(パー73)」の5アンダーとストレスなく回りきった。

ツアー史上、初優勝から2週連続優勝を飾った選手は05年の表純子、90年の西田智慧子の2人だけ。とはいえ、吉田本人は「(連続優勝は)あまり意識はない」という。「今シーズンのベストが11アンダーなので、12アンダーを目指して頑張りたいです。それで優勝できなくても悔いは無いと思います」と、シンプルな目標を設定した。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 CAT Ladies




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。