ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

賞金王キム・キョンテがPO制し優勝 熊本出身の永野は1打及ばず

◇国内男子◇東建ホームメイトカップ 最終日◇東建多度カントリークラブ・名古屋(三重)◇7081yd(パー71)

首位から出たキム・キョンテ(韓国)を、4打差を追ってスタートした近藤共弘がとらえ、プレーオフに突入した。3ホール目で近藤がボギーとしたのに対し、キムはパー。昨季の賞金王が国内開幕戦で早くも今季1勝目、ツアー通算11勝目を挙げた。

地震で甚大な被害が出た熊本県出身の永野竜太郎は、4打差の2位からスタート。7バーディ、2ボギーの「66」をマークした。プレーオフ進出には1打及ばなかったが、後半に6つのバーディを集中させる粘りを見せ、通算12アンダーの3位でフィニッシュした。

通算6アンダーの4位に同じく熊本出身の重永亜斗夢と、薗田峻輔。通算5アンダーの5位で宮本勝昌キム・ヒョンソン(韓国)、池田勇太J.パグンサン(フィリピン)、アマチュアの亀代順哉の5人が並んだ。

関連リンク

2016年 東建ホームメイトカップ

GDOゴルフ速報アプリ

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのiPhoneへお届けします。
● 各ツアーの速報をiPhoneへ配信!
● 見やすいフォントサイズに変更できます!



特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~