ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

竹谷佳孝がメジャーの舞台でツアー初優勝 イ・サンヒは罰打に泣く

◇国内男子メジャー第2戦◇日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills 最終日◇宍戸ヒルズカントリークラブ 西コース◇7,402ヤード(パー72)

ともにツアー初優勝を目指した34歳の竹谷佳孝と22歳のイ・サンヒ(韓国)の戦いは、最終18番を終えて通算17アンダーに並んだ。プレーオフ決着かと思われたが、アテストの際にイの11番グリーン上での違反行為が問題とされ、2打のペナルティとなったため、思わぬ形で竹谷のツアー初優勝が決まった。

イは結局、通算15アンダーで2位。通算12アンダーの3位タイに谷原秀人ジャン・ドンキュ(韓国)が続いた。

最終日、通算13アンダーからスタートした竹谷は9番から5連続バーディを奪うなど一時は4打のリードを築いたが、17番、18番の連続ボギーで失速し、頬をこわばらせ冷や汗をかきながらのホールアウトとなった。

一方のイは8バーディ1ボギーで一気に竹谷を捕らえたかに見えた。だが、11番でパーパットを外し、ボールをマークした際、グリーン上のごみを払う一連の動作の中に、ボギーパットのラインを押さえる仕草があったことを、テレビ視聴者が大会本部に指摘。イ本人も立ち会いの下でテレビ映像を使った事実確認を行い、「明らかな違反」(中島和也トーナメントディレクター)と認定されることとなった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。