ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

下地は24時間の猛特訓? 竹谷佳孝が首位浮上

2014/06/20 19:36


国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」の2日目。13位から出たツアー未勝利の竹谷佳孝が7バーディ、ノーボギー、この日のベストスコア「65」をマークし、通算10アンダーの首位タイへと駆け上がった。

グリーン上での輝きが、169センチの小柄な体を大きく見せた。「昔からあまり悩んだことがない」という得意のパットは23打を記録。スタートの1番で3メートルを入れてバーディ先行、5番、7番で5メートルを決めるなど前半を5アンダーで折り返す。14番では「合わせにいったら、たまたま入った」という約12メートル、下りのスネークラインをねじ込んで7個目。「出来すぎです。コツコツとやってきたご褒美」と、恐縮気味にプレーを振り返った。

山口県出身。宇部鴻城高校時代は野球に明け暮れたが、キャプテンに任命されて間もない2年生の秋に悲劇が起きた。練習中、背中に強い衝撃を感じた直後に「1分ほど記憶が飛んだ」。搬送先の病院で『脊椎分離症』と診断され、腰の故障で若くして野球を断念。そして、この挫折がプロゴルファーへの道を歩む転機となった。

高校3年の1月に、父親と練習場に行ったのがゴルフにのめりこんだきっかけ。卒業後は福岡県にある九州ゴルフ専門学校に入学し、4年間に渡って腕を磨いた。平日はゴルフのルールやマナーを学びながら、校内にある室内レンジで夕方から夜が更けるまで、毎日約1,000球を打ち込む日々。時にはクラスメートたちと休憩を交えながら「24時間、打ったこともある」と、その数は3,000球にも上ったという。土日は所属コースでキャディをしながらラウンド練習に励み、急ピッチで上達。卒業から4年後の06年にプロテストに合格し、同年は新人戦で優勝も遂げた。

これまでレギュラーツアーでの実績は少ないが、昨年は下部のチャレンジツアーで初優勝。さらに今季の国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」ではキャリアハイの14位に入るなど、着々と足場を固めつつある。初めての最終組で迎える明日のムービングデー。「緊張すると思うけど、自分らしいプレーを続けたい」。これまで通り、コツコツと。明日もグリーン上で初優勝への道を切り開けるか。(茨城県笠間市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。