ニュース

国内男子日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hillsの最新ゴルフニュースをお届け

周囲では早くも大反響? 竹谷佳孝が初優勝に王手

2014/06/21 18:08

国内男子ツアーの今季メジャー第2戦「日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills」3日目。首位タイからスタートした竹谷佳孝が4バーディ、1ボギー「69」でプレーし、通算13アンダーでその座をキープ。ツアー初優勝に王手をかけ、明日の最終日を迎えることになった。

初めての最終組で迎えたムービングデー。「始めから最後までドキドキ。緊張しっぱなしだったけど、できる限りのことをやろうと思った」と振り返るラウンドは、この日も持ち味であるパットが冴えた。15番(パー5)では3打目をグリーン右のラフに打ち込んだが、微妙なラインの1.5メートルをしっかり決めてボギーを回避。「ミスが出ても、パットがあると思って取り組んだ」と、言葉に自信をこめた。

2日目を終えて首位に浮上した反響は、早くも竹谷の周囲で大きなものになっている。「ホテルに帰ってシャワーを浴びて、マッサージを終えて携帯を見たら、着信とメールが20件ぐらいあった」。さらに、会社勤めをしている妻・慶子さんの職場でも、“ダンナさん、トップだよ”との声が飛び交っていたという。「妻は、僕が連絡する前に知っていましたよ」と苦笑い。首位を守った今ごろはさらに騒動が膨らんでいる可能性も…。

周囲の喧騒をよそに、慶子さんはゴルフへの関心が薄いようで、電話をしても“わあ、良かったじゃん”と反応はイマイチの様子。ツアー会場への応援にも来たことがないとのことだが、「今夜、声をかけてみようとは思います」と竹谷。5歳と1歳の子供もいる。自分のために、そして明日、どこかで見守っているかもしれない家族のために。初優勝をメジャーで飾る、最高のハッピーエンドを目指す。(茨城県笠間市/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2014年 日本ゴルフツアー選手権 森ビルカップ Shishido Hills




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。