ニュース

国内男子カシオワールドオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフ制してワッツにV!

スコアが伸びてくれない尾崎直道。勝負は前日の2位グループ 伊沢利光とブライアン.ワッツの2人に絞られた。14アンダー同士のプレーオフは2ホール目でワッツの勝利。6月のよみうりオープンに続く今季2勝目を飾った。

ワッツは10番から3連続バーディ。13番15番でボギーとして一歩後退したものの最終18番でバーディもぎ取っての14アンダー。伊沢に並んだ。
プレーオフ2ホール目では「今シーズン最高の5アイアン」が決まってくれた。ピン2メートル。「その前に伊沢サンがピンに付けたのを見た。あのくらいの距離は伊沢サンはことごとく入れていた。それで自分も思いきってピンをデッドに狙った」 そのショットが狙い通りに決まってくれた。

一躍ヒーローになった全英オープン以降、ちょっと調子を崩した。「ようやく大きな試合でいいプレーをできたのが嬉しい。来週の日本シリーズ? もちろん100パーセント出場します」
「でも沖縄オープンに出るかどうかはまだ分からない。賞金王はボクの関心事ではないし、来週プレーすると9週間で8試合ということになる・・」 とても疲れているという。
来年は米ツアーを主体にプレーする。「マスターズの招待枠の変更については新聞で読んだだけだけど。でもワールドランキング50ということなら、ボクも出場できるわけだ。この試合でまたランクが上がったしね。招待状を心待ちにしてますよ」

伊沢利光は惜しかった。「本チャンの18番でバーディとって、プレーオフでもバーディとって、その後で取られたんだから仕方ないな。やれることはやりました。プレーの内容には、けっこう満足してます」

日本でのタイガー・ウッズのラウンドが終わった。最終日は4バーディ、2ボギー。「ショットはまずまず。パットは最悪。この1週間、パッティングに悩まされ続けたよ」
ギャラリーの声援には感謝しているそうだ。「ウッズとかウォーズとか、いろんな呼ばれ方したけどね。みんな、よくしてくれました」

関連リンク

1998年 カシオワールドオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~