ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

雨の初日、尾崎直道らが1アンダー首位!

タフでなる茨城県・大洗GCを舞台にいよいよ日本オープンが始まった。初日はあいにくの雨でコースは想像を絶する難しさ。アンダーでホールアウトできたのは尾崎直道井戸木鴻樹の2人だけだった。 またイーブンでプレーしたのはジャンボ尾崎、C.パリーなど7人。さすがに本命選手はしっかりスコアを作ってくる。

尾崎直道は5バーディ、4ボギーというラウンド。「固いゴルフができた。ひどい雨で1ホール1ホール神経をつかったから、2ラウンドやったような感じだ」
雨がたまるとグリーンにローラーをかける。しかしこのローラーが曲者で「かけてる間につい考え込んでしまう。だから難しい。それにローラーをかけた後ではグリーンが変化してしまうしね。マイッたよ」

本命の一人、ジャンボ尾崎はイーブン。「まぁまぁだね。でも1つでも2つでもアンダーを出さないとね。たとえ1ストロークでも、イーブンとアンダーでは違うから」
C.パリーもしっかりイーブン。「とてもコースが長くハードだった。ストップしてはまた打っての連続で大変だった。明日は速い良いグリーンに戻ってくれるといいね」

有名・中堅選手がひしめいている中で一人無名だったのが中島武志。ダブルボギーを2つ叩きながらのパープレーはすごい。「ツアー競技は初めてです。失うものは何もないから、ノープレッシャーでした」

なお9組はすべてのホールを消化できず、明日早朝から続きをプレーする。主な選手では高見和宏(16番)、謝錦昇(15番)、高崎竜雄(16番)が1アンダー。

第1ラウンド確定。首位は高見和宏など3人に!(10/2)

初日にホールアウトできなかった9組27人が金曜早朝、残りのホールをプレーした。その結果、高見和宏など3人が2アンダーで首位。結果的には、やはり好天の金曜プレー組が有利となった?

関連リンク

1998年 日本オープンゴルフ選手権




特集SPECIAL

最も読まれたトピックス記事ランキング
2018年上半期にGDOニュースにて最も読まれたトピックス記事をランキングしました
HIGHLIGHT ソン・ヨンハン
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~