ニュース

国内男子ザ・ロイヤルトロフィの最新ゴルフニュースをお届け

2012年 ザ・ロイヤルトロフィ
期間:12/14〜12/16 エンパイアホテル&CC(ブルネイ)

キョンテが決めた!アジア勢がプレーオフでタイトル奪還

アジア選抜チームに最後の最後で勝利をもたらしたのはキム・キョンテだった。ブルネイのエンパイアホテル&CCで開催された「ザ・ロイヤルトロフィ」最終日。3日間、すべてのマッチを終えてともに8ポイントを積み上げた両チームは、最終18番で行われたプレーオフに突入。ダブルス2戦で1勝1分け、そしてこの日のシングルスでも引き分けとし、勝ち点2ポイントを稼ぎ出した韓国の星が勝負を決めた。

欧州はニコラス・コルサート(ベルギー)とフランチェスコ・モリナリ(イタリア)が出場し、母国の先輩Y.E.ヤンとともに挑んだフォアボール形式のプレーオフ。ヤンが第1打を右サイドのバンカーに入れ、セカンドでもグリーンを捕らえられなかったのに対し、キョンテはしっかりとピン右奥6メートルにつけた。

しかし欧州は飛ばし屋コルサートが奥2メートル強のチャンス。劣勢のアジア勢。だがここで、キョンテはこのスライスラインを読みきった。グリーンサイドが熱狂の渦に巻き込まれる一方で、普段は冷静な男が全身の力を使って拳を作り、ガッツポーズ。コルサートは“フタをされた”カップにボールを沈めることができず、激闘の幕は下りた。

「普段通りの気持ちを心がけた」と笑顔。この日は相手のホセ・マリア・オラサバル(スペイン)が急きょ欠場し、仲間のキラデク・アフィバーンラト(タイ)が戦えなかったこともあり「彼の分も負けられないと思った」と力を込める。

3年ぶりのロイヤルトロフィを手にした尾崎直道キャプテンは「去年の逆転負けのことを考えると、喜びも倍増。選手たちが本当に良く頑張ってくれた」と手放しで全員を讃えていた。(ブルネイ・バンダルスリブガワン/桂川洋一)

関連リンク

2012年 ザ・ロイヤルトロフィ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
2018年にGDOニュースにて最も読まれた記事をランキングしました!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。