ニュース

国内男子~全英への道~ミズノオープンの最新ゴルフニュースをお届け

首位はエレラ。深堀、渡辺が1差に肉薄

首位に立ったのはエドアルド・エレラ。貯金を3つ増やした。渡辺司はかろうじて踏みとどまった。71として2位。下から深堀圭一郎が上がってきた。米山剛佐藤信人らもまずまずの位置につけている。

66をマークしたE.エレラは、この日4バーディ、1ボギーとした。「グリーンをはずしてもアプローチが上手くいった」いい波が来ているのか、これでトータル9アンダー。

前日首位でスタートした渡辺司は2バーディ、1ボギーで1つ伸ばしたものの「もっと伸ばせるはずが、上手く乗れずにイライラしたラウンドだった」 バーディチャンスは4、5回あったがことごとくショート。納得がいかない。しかし7番ホールでボギーの後は連続バーディ。昨日もボギーの直後に3連続バーディを決めている。ボギーを叩くといつも連続バーディがついて来るなら「もっと早くボギーが出ればよかった」
「明日は良いか、悪いかどっちかに転びますよ」と言う。良いほうに転びたいところだ。

E.エレラと同じく66とした深堀圭一郎は6バーディ、ボギーなし。全体的にゴルフの調子は良くないというが「ただパッティングは最近にはないくらい調子がいい」 昨年の全英オープンはあと1打というところで予選落ちだった。「この試合がんばって是非また行きたい」

注目の二人。今田竜二は5オーバー、尾崎智春は9オーバーで共に予選通過ならず。

関連リンク

1999年 ~全英への道~ミズノオープン




特集SPECIAL

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
HIGHLIGHT 永野竜太郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~