ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

首位に3人。ジャンボも浮上中

第2ラウンドを終えてみれば、3アンダートップに尾崎直道田中秀道、伊沢利光が並んだ。続く4位は1打差で河村雅之細川和彦高橋勝成金鍾徳。いつのまにかジャンボが浮上してきている。

体の不調が伝えられている田中は、3バーディ、3ボギーでパープレー。昨日の貯金が効いて、2人に追いつかれはしたもののトップ脱落は免れた。「10番まではトントントンで、ちょっと調子こいていたかもしれませんね」と反省。15番など絶対にのせたいところで奥に外してしまった。明日は「もうちょっと内容の濃い よいパーを取れるように頑張る」

「2日終わってこのスコア。良いでしょう」アウトからスタートした尾崎直道、前半で4バーディを決めた。トータル5バーディ、4ボギーで71とした。「今日は、トータルアンダーでフィニッシュ出来たという事が気分的に大きい」

「今週からアイアンを変えた。そのせいかイメージ道りにいってくれる」という伊沢利光は4番ホールをダブルボギーにしたが、5つのバーディに助けられ、直道と共に1アンダー。

今野康晴小山内護ら6名の棄権があった。倉本昌弘も棄権。14番ホールで暫定球の処置にからんで「精神的にプレー継続不可能」との理由で棄権となった。

倉本はショットが不安定で計8回も打ち直しをしているうちに、どのボールがセーフなのか不明瞭となってしまった。ギャラリーに教えられたセーフ球でプレーを続行はしたが倉本は「誤球をプレーし続けたため失格」と申し出、競技委員はこれを「棄権」と認定した。どうもスッキリしない出来事だ。

関連リンク

1999年 日本プロゴルフ選手権




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~