ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

クラブが折れても大丈夫! デュバルがスコアを伸ばし首位キープ

国内男子ツアー「ダンロップフェニックストーナメント」の3日目は、予選ラウンド2日間に比べ風が強くなったが、20度を超える温暖な気候に包まれた。そして、初日から首位をキープするD.デュバルがスコアを伸ばした。

2番ホールで3オンもできずピンチかと思われたが、カラーからチップインでパーセーブをしたデュバルは、続く3、4番で連続バーディを奪った。その後もスコアを伸ばし、14アンダーで迎えた14番ホールでティショットを左の林に打ち込んでしまった。そして松林の根っこが密生するところからのセカンドショットは”バキッ”という鈍い音。ボールは僅か数メートル前に出ただけ、よく見るとデュバルの持つ7番アイアンのシャフトが折れ曲がっていた。

「ラウンドの途中で、ルール上直すこともできたが、もう14番ホールだったのであえて直さなかった」と言うデュバルは、このホールをダブルボギーにしてしまった。しかし、その後はパーせーブを繰り返し、最終18番パー5で2オン2パットのバーディフィニッシュ。通算13アンダーで2位に3打のリードを奪い最終日を迎えることになった。
「トップの座は満足しているが、プレーは満足していない。だけど、ゴルフは結果、スコアが全て。そういう意味では納得している。今日はスイングが悪かった。ボールの位置が前すぎた。肩が開いていて、アウトサイドにテークバックして引っ掛けてた」

デュバルを3打差で追うのは6アンダー5位からスタートしたJ.ケリー。6つのバーディを奪ったケリーだが、バーディの後にボギーを2つ叩く勢いに乗り切れない状態だった。「このコースは20年プレーしてもグリーンを完璧に読みきるのは難しいかも。全体的には良かった。風はきついが、自分にたくさんチャンスを与えてくれた。明日はデュバルと同じ組なので、目の片隅に彼の姿を入れながらプレーしようと思う」

そして3位にはこの日2ストローク伸ばした手嶋多一と、ケリーと同じく4ストローク伸ばした桑原克典が9アンダーで並んでいる。さらに1打差の単独5位にはD.ウィルソン、先週優勝のウィルソン、惜しくも敗れた手嶋が好調をキープしている。

また、6アンダー6位には終盤までノーボギーで踏ん張っていた片山晋呉がスコアを1つ伸ばし、尾崎直道中嶋常幸のベテラン2人もスコアを伸ばし浮上してきた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!