ニュース

国内男子サン・クロレラクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

合田洋が3つ伸ばし4アンダーで単独首位に踊り出た

サン・クロレラ クラシックの2日目。初日に続きこの日も強風のため各選手スコアを思うように伸ばせなかった。

その強風の中スコアを伸ばしたのは、1994年の日本プロに勝っている合田洋だった。5バーディ、2ボギーでスコアを3つ伸ばし、1アンダー7位から4アンダーの単独首位に踊り出た。

<< 下に続く >>

「風、本当に難しかった。ていねいにプレーしていきました。ガンガン行こうとしてドツボにはまるのが多いですから。友利さんになった気分でゴルフをやっていました。トップは覚えてないくらい久しぶり。ちびちびやりますよ、コツコツと。最後にチャンスがくればいいなぁ」

94年に日本プロの優勝資格で10年間のシード権を獲得した合田だが、99年までは賞金ランクが100位以下と精彩を欠いていた。しかし、昨年は未勝利ながらシーズン通して出場し71位に入り、賞金でのシード権も獲得している。

2打差の2アンダー2位には、初日首位タイの友利勝良、K.ドルース、神山隆志の3人が並び、1アンダー5位タイには5人、アンダーパーが10人という難しいコースコンディションとなった。

「1番のスタートホールで1.5メートルのパットをショートして、『今日はパットの調子がよくないな』って思いました」という友利は前半で41を叩き、2オーバーまでスコアを落とした。しかし、後半は別人のようなゴルフで4バーディを奪い32をマークし、2アンダー2位まで再浮上した。

初日1アンダー7位タイと連覇に向け好スタートを切ったジャンボ尾崎は後半崩れ、この日4オーバーで通算3オーバーの25位グループに後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2001年 サン・クロレラクラシック




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!