ニュース

国内男子ANAオープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

今度こそ!怪物の完全復活か!?

2003/09/18 18:00

国内男子ツアー第19戦「ANAオープンゴルフトーナメント」が、北海道の札幌ゴルフ倶楽部輪厚コースで開幕した。昨年はジャンボ尾崎が777日ぶりの優勝を飾ったが、今年は1999年の「フィリップモリス」以来4年ぶりの優勝を狙う川岸良兼が初日首位に立った。

スタートの1番ホールをバーディ発進した川岸は、5番パー5でイーグルを奪った。7番でボギーを叩いたが、その後5つのバーディを量産し7アンダーフィニッシュ。5月に行われた「フジサンケイクラシック」でも初日首位になったが、この時は序々に順位を下げ25位になっている。

<< 下に続く >>

昨年末に行われたクオリファイトーナメントで上位に入った川岸は、今シーズンほとんどの試合に出場する資格を掴んだ。ところが、これまで15試合に出場し予選通過がたったの3回。先週の「サントリーオープン」まで10試合連続予選落ちという最悪の結果になっている。今週はどこまで粘れるのか、このまま逃げ切り怪物川岸の完全復活をアピールしたいところだ。

その川岸と並び7アンダーで首位に立っているのは、同じミズノ所属の手嶋多一だ。7月の「アイフルカップ」で優勝した手嶋は、今シーズン15試合に出場しトップ10入りは8回。予選落ちは僅かに1回と川岸とは対照的に好調を維持している。賞金争いでは首位のトッド・ハミルトンには大きく水を開けられているが、2位につけている手嶋にも意地がある。今週は手嶋の週になるのだろうか。

昨年復活の優勝を飾ったジャンボ尾崎は、後半スコアを伸ばし2アンダー21位。明日以降の追い上げが楽しみになってきた。また、およそ2ヵ月ぶりにツアー復帰を果たした伊沢利光は、ホストプレーヤーとしても期待が高まっている。ところが初日は、1アンダー42位と出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 ANAオープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!