ニュース

国内男子日本プロゴルフ選手権大会の最新ゴルフニュースをお届け

11アンダー、鈴木亨が首位キープ。片山、藤田が4打差2位

今シーズンの国内メジャー第1戦、茨城県の美浦ゴルフ倶楽部で開催されている「日本プロゴルフ選手権競技大会」の2日目。初日5アンダーの単独首位に立った鈴木亨が、さらに6ストローク伸ばし2位に4打差の11アンダーで首位をキープしている。

10番ホールからスタートした鈴木は、前半で3つ、後半に入っても2番パー5でバーディを奪い順調にスコアを伸ばした。ところが、3番ホール終了時点で一緒にラウンドしていた湯原信光が腰痛の為に棄権してしまうと、リズムが崩れたのか4、5番で連続ボギーを叩いた。しかし、続く6番パー5でイーグルを奪うと再び勢いに乗り、7、9番でもバーディを奪った。決勝ラウンドに入っても、そのままスコアを伸ばし続けることができるか注目だ。

<< 下に続く >>

この日のベストスコアは65、7ストローク伸ばしたブレンダン・ジョーンズ。4オーバー71位から3アンダーの14位にジャンプアップしている。そして、首位の鈴木と同じく6ストローク伸ばしたも3人と上位に上がってきた選手は大幅にスコアを伸ばしている。

7アンダー2位に浮上した片山晋呉も6ストローク伸ばした1人だ。スタートの1番ホールでボギーを叩いたが、その後はバーディを積み重ね、13位から2位に浮上してきた。昨年、久保谷健一とのプレーオフに敗れ2位に終わった片山が、あと2ラウンドを残して、日本のプロゴルファーナンバーワンの座を狙える位置に浮上してきた。

片山と同じく韓国のS.K.ホも6ストローク伸ばして2位に浮上した。ホも雪辱に燃えている。昨年のこの大会では、最終日を首位タイでスタートしながら、1ストローク足りずにプレーオフに残ることが出来なかった。明日、明後日は再び雨交じりの天候が予想される。決勝ラウンドもバーディ合戦が繰り広げられるのか、公式戦とは思えないようなハイスコアでの優勝争いになりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 日本プロゴルフ選手権大会




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!