ニュース

国内男子ダンロップフェニックストーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

賞金王争い、世界の強豪たちに注目! 松山英樹が出場

国内男子ツアーの第23戦「ダンロップフェニックストーナメント」が、11月15日(木)から18日(日)までの4日間、宮崎県のフェニックスカントリークラブで行われる。

例年、海外ツアーを主戦場とするトッププレーヤーたちが参戦する今大会。昨年は荒天により54ホールに短縮となる中、ゴンサロフェルナンデス・カスタノ(スペイン)、シェーン・ローリー(アイルランド)、リッキー・バーンズ(アメリカ)ら強豪たちを抑え、武藤俊憲が4打差をつけての逆転勝利。大会史上6人目の日本人チャンプに輝いた。

今年は、例年にも増して豪華な面々の来日となる。5年ぶりの参戦となる元世界ランク1位のルーク・ドナルド(イングランド)をはじめ、欧州を代表する飛ばし屋の1人、アルバロ・キロス(スペイン)が初出場。さらに09年大会を制しているエドアルド・モリナリ(イタリア)、今年の「ライダーカップ」優勝メンバーであるニコラス・コルサート(ベルギー)ら、スター軍団が宮崎に集結する。

そして、大詰めを迎えようとしている賞金王争い。トップを走る藤田寛之と同2位の谷口徹とは約2,500万円と開いてはいるが、以降に続く選手たちに大きな差は見られない。今週から優勝賞金4,000万円の高額競技が2つ続くとあり、状況は一変する可能性もある。先週の「三井住友VISA太平洋マスターズ」で2年ぶりの勝利を挙げ、同8位(約6,500万円)に急浮上した石川遼も楽しみな存在。例年調子が上向きになる秋口に入り、一気に賞金王争いに名乗りを挙げる可能性も十分だ。

また、アマチュアの松山英樹が出場を予定。先週、大会連覇を逃した悔しさを世界レベルのフィールドで晴らすことができるか。

【主な出場予定選手】
武藤俊憲池田勇太石川遼岩田寛尾崎将司小田孔明小田龍一片山晋呉キム・ドフン久保谷健一小林正則谷口徹谷原秀人中嶋常幸藤田寛之藤本佳則ベ・サンムン松村道央丸山茂樹矢野東A.キロスL.ドナルドE.モリナリ、N.コルサート、松山英樹(アマ)

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2012年 ダンロップフェニックストーナメント




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。