ニュース

国内男子日本オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

ベ・サンムンがメジャー初制覇、今季3勝目!

◇国内男子メジャー◇日本オープンゴルフ選手権競技 最終日◇鷹之台CC(千葉)◇7061ヤード(パー71)◇晴れ◇ギャラリー数:14872人

15,000人に迫る大ギャラリーの熱気に包まれ、メジャーに相応しい大熱戦が繰り広げられた最終日。ともに最終組の1つ前を回る久保谷健一ベ・サンムン(韓国)が通算2アンダーでホールアウトし、プレーオフに突入。18番で実施された1ホール目で久保谷がボギーを叩き、パーで終えたサンムンがメジャー初制覇を達成し、今季3勝目を手にした。

2打差をつけて単独首位からスタートした佐藤信人は5つ落とし、通算1アンダーの単独3位。通算イーブンパーの単独4位にネベン・ベーシック(オーストラリア)、通算1オーバーの単独5位に手嶋多一が続いた。

27位タイからスタートした石川遼は4バーディ、4ボギーのイーブンで回り、通算6オーバーの18位タイ。ローアマタイトルは通算4オーバーの10位タイで終えた洪健堯(台湾)が獲得し、松山英樹は通算13オーバーの44位タイで終えた。

ベ・サンムンキム・キョンテに続く韓国人王者に>
2アンダーの単独3位からスタートしたサンムンは、後半12番までにスコアを1つ落とし通算1アンダー。しかし14番(パー5)。フェアウェイから残り270ヤードの第2打を5番ウッドでピン左奥2メートルにつけてイーグルを奪い、勢いづいた。続く15番をボギーとして単独首位の座をすぐに失ってしまったが、最終組のひとつ前でともにラウンドした久保谷とのプレーオフに突入。正規の最終18番では、ティショットでフェアウェイキープに成功した久保谷を見て、左ラフから積極的にグリーン近くまで運び3オン1パットのパー。プレーオフでは第1打でフェアウェイをとらえ、久保谷が左ラフに曲げたため、セカンドでグリーンセンターをとらえる安全策で2オン2パット。相手の状況を冷静に見極め、メリハリのある攻めで勝利をもぎ取った。

前週の「キヤノンオープン」では予選落ちを喫したその夜に母国・韓国の自宅に帰省し3泊4日でリフレッシュ。ビッグタイトルに備えていた。難セッティングにも「コースが難しい方が僕は集中力が高まる」と恐れることなく、今季3勝目をマーク。賞金ランクトップをキープし2位の石川遼に5,000万円弱の差をつけ独走態勢に入った。来季の米ツアー挑戦を狙い予選会を受けるため、日本ツアーの最後の2試合を欠場する意向を示しているが「できればもう1勝したい。頑張ります」とキム・キョンテに続く賞金王戴冠へ意欲を見せた。

<プレーオフで敗れた久保谷「サンムンは完璧だった」>
1アンダーの4位タイから出た久保谷は、12番で約15メートルのバーディパットを沈めて通算2アンダー。2週連続の優勝へ大きなチャンスをつかんだ。しかしショットへの悩みは深く、終始苦しい展開を強いられていたという。サンムンとは最終ラウンドを含めて19ホールをともにし「完璧なショットばかりだった。勝つべきゴルフをしていた」と白旗。「ギャラリーの方にたくさん声をかけていただいたのに、曲がってばかりで良いゴルフを見せられなくて申し訳ない」とうつむいた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2011年 日本オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。