ニュース

国内男子現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦の最新ゴルフニュースをお届け

2日目は互角、日本は1ポイントリードで最終日へ!

韓国・済州島のヘビチCCで開催されている、男子ゴルフの日韓対抗戦「現代キャピタル 韓日プロゴルフ対抗戦」の2日目。熱帯低気圧の接近により、朝から強い風が吹き荒れる過酷な状況となった。

初日を終えて、日本が奪ったリードは僅かに1ポイント。フォアボール形式で行われた2日目も、韓国と互角の戦いを繰り広げた。1組目の丸山大輔横尾要は、1ストロークのリードを奪われて迎えた最終18番。横尾が土壇場でバーディを奪い、引き分けに持ち込んで0.5ポイントを分け合う。

<< 下に続く >>

2組目の藤田寛之宮本勝昌は2日連続で敗北を喫したが、続く小田孔明小田龍一が絶好調。韓国に5ストロークをつける「65」で圧勝し、初日に敗れたリベンジを見事に果たした。さらに、4組目の池田勇太片山晋呉も1ストローク差で辛くも勝利を収め、ポイントを連取。最終組の石川遼薗田峻輔は2ストローク差で敗れ、2日目は2勝2敗1分け。2.5ポイントずつを分け合い、日本は1ポイントリードのまま最終日を迎える。

「点差が無いのと、1つあるとの差は大きいと思うけど、逆に安心してしまうと難しい部分もある。そこを整理してやってくれれば、良い結果が出ると期待している」と青木功キャプテン。最終日は、総当りのシングルス戦10試合が行われる。

最終日の組合せは以下の通り。

■ 1組目

小田龍一VS キム・デサブ
■2組目
宮本勝昌VS キム・ヒョンソン
■3組目
藤田寛之VS キム・ビオ
■4組目
小田孔明VSキム・ドフン
■5組目
横尾要 VSイ・スンホ
■6組目
丸山大輔VSソン・ジュンオブ
■7組目
薗田峻輔VSキム・デヒョン
■8組目
池田勇太VSカン・キョンナム
■9組目
石川遼VSキム・キョンテ
■10組目
片山晋呉VSベ・サンムン

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2010年 現代キャピタル招待 韓日プロゴルフ対抗戦




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!