ニュース

国内男子東建ホームメイトカップの最新ゴルフニュースをお届け

マスターズに向け伊沢利光が初日から首位に立った!!

2004年の国内男子ツアーの事実上の開幕戦「東建ホームメイトカップ」が、三重県の「東建多度カントリークラブ・名古屋」で開幕した。初日は曇り空になったが、降雨は免れ各選手順調なスタートを切った。

初日首位に立ったのは、7アンダーをマークした伊沢利光と桧垣繁正の2人。昨年2度目の賞金王になった伊沢は、10番ホールからスタートし11番でボギーが先行した。しかし、その後は順調にバーディを積み重ねていった。

伊沢は2週間後に行われる今シーズンのメジャー第1戦「マスターズ」に出場することが決まっている。2001年には日本人過去最高の4位に入ったが、その後は予選落ちが続いている。今週の試合で弾みをつけ、マスターズ入りを狙っている。

その他の上位は、首位と1打差の6アンダーにベテランの川岸良兼、5アンダーの単独4位には横尾要が続いている。初日は午前中にスタートした選手が上位に入った。4アンダー5位には、2003シーズンの最終戦を制した平塚哲二も加わり6人の集団を作っている。

今シーズンから新しいクラブを使用している選手では、片山晋呉谷口徹に注目が集まっている。2人は揃って2アンダーの21位とまずまずのスタート。初戦からその進化を発揮できるか明日以降も注目したい。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 東建ホームメイトカップ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。