ニュース

国内男子UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズの最新ゴルフニュースをお届け

高橋竜彦が単独首位に浮上!上位陣は混戦のまま最終日へ

茨城県にある宍戸ヒルズカントリークラブで行なわれている、国内男子ツアー第11戦「UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ」の3日目。朝方に強い雨の影響でコンデション整備のためスタートが遅れ、9時10分からの開始となった。そんな難コンディションの中、高橋竜彦がしっかりとスコアをまとめて、通算5アンダーで単独首位に躍り出た。

いきなりチップインバーディを奪った高橋は、その勢いのまま続く2番でもバーディを奪取。連続バーディでスタート。その後もバーディを重ね、前半は4つスコアを伸ばして折り返した。後半に入ると13番でこの日初めてのボギーを叩いてしまったものの、15番でバーディを奪い巻き返しを見せたが、今大会のキーホールとも言える17番485ヤードのパー4で痛恨のダブルボギー。結果2つスコアを伸ばすにとどまったものの、他の上位陣がスコアメイクに苦しみ、単独首位に浮上した。

単独の2位に入ったのは、ベテランらしい堅実なプレーを披露した中嶋常幸。18番では5メートルのパーパットをセーブし気迫のこもったガッツポーズを見せるなど、首位と1打差の通算4アンダーにつけ、いい形で最終日を迎える。

首位からスタートした谷口徹は、この日バーディが奪えない苦しい展開。スコアを4つ落として通算3アンダーの3位タイまで後退した。また、宮里優作平塚哲二も3位タイグループにつけており、上位陣は混戦となっている。

最終組をまわった24歳若武者の藤島豊和だったが、この日は1つスコアを落とし、通算2アンダー。室田淳らと共に6位タイグループで、最終日に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 UBS日本ゴルフツアー選手権 宍戸ヒルズ




特集SPECIAL

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!