ニュース

欧州男子HSBCワールドマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 HSBCワールドマッチプレー選手権
期間:10/14〜10/17 場所:ウェントワースクラブ(イングランド)

日没サスペンデッド 2回戦進出を決めたのはグーセンだけ

欧州ツアーイベントの1つ、「HSBCワールドマッチプレーチャンピオンシップ」が、、イングランドのウェントワースクラブで開幕した。この大会は16人によるトーナメント戦、36ホールのマッチプレー形式で行われる。大会初日は試合進行が遅れて、日没サスペンデッドとなってしまった。

そんな中、第5マッチのレティーフ・グーセンvsジェフ・マガートの試合は、グーセンのワンサイドゲームとなり12 and 11で早々に勝ち名乗りを挙げた。

<< 下に続く >>

そのほかの途中結果は、第1マッチ、アーニー・エルスvsスコット・ドラモンドの試合。前半ドラモンドがエルスをリードするも、尻上がりに調子を上げてきたエルスが逆転。34ホールを終えてエルスの2upリード。明日はエルスのドーミーホールからのスタートとなる。

第8マッチ、ビジェイ・シンvsベルンハルト・ランガーの試合。調子の出ないビジェイは、ランガーに主導権を握られる。前半なんとかオールスクエアに持ち込んで折り返すも、後半ランガーが立て続けにアップし、26ホールを終えた時点で2upリードした。

※【ドーミーホール】:そのホールで勝つか引き分ければ、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【アップドーミー】:そのホールで勝てば、マッチの勝利が決定するホールを指す。
※【スコアの見方】:例)「2アンド1」:「2」はアップ数を指し、「1」は残りホール数を指す。
マッチプレーでは、勝ちが決定したホールで試合は終了となる。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 HSBCワールドマッチプレー選手権

  • 2004/10/14~2004/10/17
  • 賞金総額:2,440,000
  • ウェントワースクラブ(イングランド)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!