ニュース

欧州男子全米プロゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2004年 全米プロゴルフ選手権
期間:08/12〜08/15 場所:ウィッスリングストレーツ(ストレーツコース)(米国ウィスコンシン州)

D.クラークがトップ!E.エルスが1打差の2位に!

今季メジャー最終戦、第86回「全米プロゴルフ選手権」が、アメリカ中北部、ウイスコンシン州ミルウォーキーの北にあるウイストリング・ストレイツ、ストレイツコースで開幕した。まるで海のようなミシガン湖からの風、ピート・ダイ設計のコースに特有な数多くのバンカー、そして長い距離に深いラフ。練習日よりメジャー開催コースの中でも難コースとの呼び声が高かったが、意外にも好スコアが続出した。

初日トップに立ったのはダレン・クラーク(北アイルランド)だ。練習日にみっちりと練習を行ったパットが絶好調。スタートから4連続バーディを奪う好スタートを切り、その後も5バーディ、2ボギーとスコアを伸ばし7アンダーでファーストラウンドを終了。メジャー初優勝に向け、大きなアドバンテージを得た。

<< 下に続く >>

1打差の2位には先月の全英オープンで惜しくもプレーオフで敗れたアーニー・エルス(南アフリカ)とジャスティン・レナードがつけた。エルスは全英だけでなく、マスターズ、全米オープンでも優勝争いに絡む活躍を披露している。メジャーにおける好調を今季メジャー最終戦である全米プロで優勝に結びつけることができるのか?また、レナードは過去全英オープンでの優勝経験があるなど難コースで力を発揮する選手。今年も地元アメリカ選手の優勝となるかギャラリーからの注目も集まっている。

その他注目選手ではビジェイ・シンが5アンダーの4位タイ、今年のマスターズを制したフィル・ミケルソンは3アンダーの17位タイ、全英オープンを制したトッド・ハミルトンはイーブンパーの40位タイにつけている。なお、全米オープンを制したレティーフ・グーセンは今大会欠場した。

注目のタイガー・ウッズはこの日絶不調。3オーバーの104位タイで初日を終え、優勝どころか予選落ちの可能性もでてきた。ワールドランキング2位のエルス、3位のシンが上位につけているだけに、331週続いているワールドランキングトップからの脱落の可能性も濃厚になってきている。

日本人選手は4名が出場。丸山茂樹田中秀道はイーブンパーの40位タイ、片山晋呉は2オーバーの83位タイ、平塚哲二は残念ながら8オーバーの148位タイと大きく出遅れた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 全米プロゴルフ選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!