ニュース

欧州男子The Diageo 選手権 at グレンイーグルスの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 The Diageo 選手権 at グレンイーグルス
期間:06/10〜06/13 場所:ザ・グレンイーグルズホテル(スコットランド)

地元のC.モンゴメリーはまずまずのスタート 佐藤は出遅れた

欧州男子ツアー第21戦『The Diageo 選手権 at グレンイーグルス』が、スコットランドのパースシャーにあるザ・グレンイーグルズホテルで開幕した。大会初日、雷のため試合が一時中断。6人がホールアウトできず、残りのホールは明日に持ち越された。

初日5アンダーで首位に立ったのは、レフティのニック・オハーン(オーストラリア)とミレス・タニクリフ(イングランド)の2人。早いスタートだったオハーンは2番パー5でピン横1メートルにつけるショットでタップイン・バーディ。8番では長いスネイクラインの登り、下り、登りという8メートルのパットを沈めて奇跡的なパーセーブ。1打差の4アンダー3位タイには、ポール・マギンリー(アイルランド)とサンティアゴ・ルナ(スペイン)が追っている。

<< 下に続く >>

途中の豪雨で2時間35分の中断。地元スコットランド出身のコリン・モンゴメリーは大雨の影響を受けたうちの一人。7番パー4では1.5メートルのパーパットがスピードが合わず、カップにはじかれる始末。一時2オーバーまで後退してしまったが、終盤にリズムを取り戻し、1アンダーまで戻した。5バーディ4ボギーの出入りの激しいゴルフで、1アンダー19位タイのスタートを切った。

そのほか日本の佐藤信人は、ボギーが先行する苦しい展開。前半で4ストローク落とし、後半で1つ取り返すも3オーバーの93位と、大きく出遅れてしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 The Diageo 選手権 at グレンイーグルス




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!