ニュース

欧州男子ケルティックマナーリゾート・ウェールズオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2004年 ケルティックマナーリゾート・ウェールズオープン
期間:06/03〜06/06 場所:ザ・ケルティックマナーリゾート(ウェールズ)

S.カーンが「61」を叩きだして単独首位!佐藤は大乱調

ウェールズにあるザ・ケルティックマナーリゾートで行われている、欧州男子ツアー第20戦「ザ・ケルティックマナーリゾート・ウェールズオープン」の2日目。この日好スコアをマークする選手が続出し、大会がヒートアップしてきた。

大会2日目、ベストスコア「61」をマークし首位に踊り出たのは、サイモン・カーンだ。出だしから怒涛のバーディラッシュを披露したカーンは、5番パー5でイーグルを奪取し、前半「27」の驚異的なスコアを記録した。後半でさらに2つ伸ばし、通算14アンダーまで伸ばしている。

<< 下に続く >>

2打差の2位には、9バーディノーボギーの完璧なゴルフを見せたポール・ケーシーが14位から浮上。通算9アンダーの3位には、ピーター・ローリーコリン・モンゴメリーがつけている。この日10番パー4でチップインイーグルを決めるなど好スコア「64」をマークし、42位から急浮上からジャンプアップ。モンゴメリーは、初日に続き安定したゴルフを披露した。17番でこの大会初のボギーを叩いたが、4つスコアを伸ばし好位置につけた。

そのほか初日終えて7位と好スタートを切った日本の佐藤信人は、この日バーディが奪えず苦しい展開。2つのダブルボギーを叩くなどスコア「80」の大乱調で、通算4オーバー120位に大きく順位を下げ、予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ケルティックマナーリゾート・ウェールズオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!