ニュース

国内女子西陣レディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、バタバタゴルフで14位タイ

2010/04/18 16:35


国内女子ツアー「西陣レディスクラシック」の最終日を1アンダーの8位タイで迎えた横峯さくら。朝のドライビングレンジでは、コーチで父親の良郎氏に、ドライバーショットのタイミングなどをチェックしてもらい8時42分にスタート。

1番でピンの奥6mにつけると、下りで大きく右に切れるラインを読みきってバーディを奪った。その後もショットは安定し、6番でもバーディを奪い3アンダーまでスコアを伸ばした。ところが、7番でティショットを左のラフに入れると、ライが悪く2打目はパンチショットで脱出に徹した。3打目でピンの手前4mにつけたが、パーパットを外してしまった。

<< 下に続く >>

そして後半に入ると、ボギー、バーディ、ボギーと出入りの激しいゴルフが始まる。14番で4つ目のバーディを奪った直後、15番のティショットは打った瞬間から左に飛び出しOB。このホールでダブルボギーを叩きイーブンパーに後退してしまう。

17番でもティショットをバンカーに入れると、2打目はダフり気味に入り、辛うじて脱出には成功したがボギー。最終18番はバーディで締めることが出来たが、通算イーブンパーの14位タイで終了。

「今日は良い時と悪い時の差が激しかった。ゴルフ自体の手ごたえは感じているので、焦らずに1勝できるように頑張ります。今はドライバーが左右にブレるので、そこを修正したいと思っています。フェアウェイキープも半分程度なので、来週までに調整したいと思います」と言葉少なく、会場をあとにした。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 西陣レディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!