ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

2週連続で飯島茜に惜敗・・・。それでも賞金女王の背中が見えてきた!

2007/09/09 19:07


国内メジャー第1戦「日本女子プロ選手権コニカミノルタ杯」も最終日を迎えた。首位と2打差の単独2位、国内メジャー2勝目に向けて絶好のポジションでこの日を迎えた横峯さくらだが、昨日は体調不良のためにホールアウト後の練習を回避。今朝の練習でも「体の切れが悪い」と話す横峯だが・・・。

出だしの1番パー5では1.5メートルのバーディパットを外してパー発進とするも、続く2番パー4ではピン右2メートルを沈めてバーディ。4番パー3では1.5メートルのパーパットを外してボギーとしたが、迎えた6番の短いパー4。「5番(パー5)は届く距離なのにバーディが取れなくて、次は狙ってやる!って、やけくそみたいになってました」と思い切り振りぬいたボールは、グリーン手前15ヤードまで達するあわや1オンのビッグドライブ!2打目も1.5メートルにつけ、気持ち良くバーディを奪った。

<< 下に続く >>

首位を走る飯島茜が6番、8番でボギーを叩き、8番を終えた時点でその差は1ストローク。しかし9番パー4でボギーを叩き、再び2打差に戻されて前半を終えた。後半に入り、2人の勢いがスコアに表れる。16番までスコアを伸ばせない横峯に対し、飯島は3つのバーディを重ね、横峯も「すごく強かった」と舌を巻くほど。横峯も17番、18番を連続バーディで締めくくったが、最終的には飯島に4打差を離されての単独2位に終わった。

2週連続で飯島の前に惜敗を喫し、「悔しいです。昨日までは2打差だったのに、今日離されたのは練習不足だと思います。1番で短いバーディパットを決められなかったのが、一番の敗因だと思います。ラインの読み違いです。」と振り返った横峯。「私はメンタルも、パッティングの精度もまだまだ弱い。難しいラインも、だいたいではなく、自信を持ってきっちり打てるようにしたいです」と反省点を挙げた。それでも、上がり2ホールでバーディを奪うなどメンタル面の成長は感じられた上、小技も確実に上達している。獲得賞金額でもトップを走る上田桃子に約1100万円まで詰め寄り、その背中も近づいてきた。次週以降の活躍も、大いに期待したいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!