ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

「全体的に悪い」さくら、伸ばせず6位タイ

2008/08/30 19:00


最終18番パー5。持ち前の飛距離を生かし、見事にピン下8mに2オンに成功した横峯さくらは、グリーンの重さに負けて、ファーストパットを2m近くショートしてしまう。続くバーディパットは、カップのふちをくるりと回って元来た方へ。結局2オン3パットのパーでホールアウトした横峯は、「最後は、今日のゴルフを物語っていましたね」と肩を落とした。

2アンダーの5位タイからスタートした「ヨネックスレディス」の2日目。2番でアプローチを1.5mにつけるが、このパットはカップの直前で止まってボギーとしてしまう。「2mくらいのパットだと、50cmはオーバーさせるつもりで打っている」というが、それでも打ち切れない。「今日は2~3mのパットを3、4回は外しているので疲れましたね」。この日は3バーディ3ボギーの「72」で回り、スコアは2アンダーのまま。順位は一つ落として6位タイでホールアウトした。

途中の9番ではティショットを左に曲げ、第2打はつま先下がりの深いラフ。前方の木がスタイミーとなり、ピンは直接狙えない状況から、フックを掛けてピンそば1.5mにつけてバーディ奪取。大いにギャラリーを沸かしたが、「あれはラッキーです。狙いはもっと右でした」と笑った。

「ショットもあまり良くないし、全体的に悪かったです」という横峯。ホールアウト後は練習場でアイアンを打ち込んだが、「方向性が悪い」と不満げな表情。さらに練習グリーンでパター練習もきっちりこなし、明日に備えた。「気分転換にパターを変えるかも知れません」という最終日の横峯、巻き返しはなるだろうか?

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。