ニュース

国内女子富士通レディースの最新ゴルフニュースをお届け

姉と2人でグリーンを征服! 今季初勝利へ向け3位タイ発進

2008/10/17 17:26


「富士通レディース」初日、ディフェンディングチャンピオンとして出場する横峯さくらは、大きな歓声と拍手でギャラリーに迎えられ、1番ティに姿を現した。今週は「こちらの方がしっくりくるので」と、以前使用していたオデッセイの2ボールパターに戻した。この判断が吉と出るか、注目の第一ラウンドが幕を開けた。

パー5のスタートホール、3打目をピン右2メートルにつけると、これをねじ込み幸先良くバーディ発進! 「自分はフックと読んだのですが、どっちにも見えた」という微妙なラインだったが、キャディを務める姉の彩花さんと「真っ直ぐいこう」と意見が一致。「ここから良い流れを作れた」と、早くも姉妹タッグの効果が表れた。

その後は「難しくて読みきれないラインが多かった」とパーを重ねるが、7番パー5では2オンに成功し、2オン2パットのバーディ。直後の8番パー3では、ピン左9メートルのロングパットを沈めて連続バーディを奪い、前半を3アンダーで終える。後半に入ってもリズムを崩すことなく、15番、16番で4メートルを沈めて連続バーディ。最終的には5バーディ、ノーボギーの「67」でホールアウトし、首位と4打差の3位タイと上々の滑り出しとなった。

「初日に出遅れるケースが多いので良かったです。あとは落ち着いて、自分のプレーをするだけです」。まずは第一関門をクリアして胸を撫で下ろしたが、「明日はゼロからの気持ちでやっていきます」と気を引き締め直していた。「今週もパット次第」と話していた横峯。「60パーセントはラインを読んでもらっている」と信頼を置く姉と2人で、今季初勝利に挑む。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 富士通レディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。