ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/03〜04/06 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

ドライバーに苦しみながらも、ギリギリで予選突破!

2008/04/05 12:10


米国女子ツアー初戦「クラフトナビスコチャンピオンシップ」の2日目を迎えた横峯さくら。4オーバーの67位タイで初日を終えた横峯さくらは、まずは予選突破を目指してのラウンドとなった。この日は初日のような強い風は止んでいたが、ドライバーの方向性が不安定な状態が続き、1日を通して苦しいラウンドが続いた。

1番からスタートした横峯は、4番パー4のティショットを右ラフに入れ、ボギーを叩く不穏な立ち上がり。しかし、「ドライバーは良くなかったけど、ショットは悪くありません。やっと来た、という感じです」と振り返る7番パー4。2打目をピン左3メートルにつけ、バーディを奪う。後半は「バーディチャンスがたくさんあった」という横峯だが、ボールはことごとくカップを逸れ、なかなか予選通過の安全圏までスコアを伸ばせない。逆に15番パー4ではティショットを左のラフに入れてボギーとするなど、この日は1バーディ、2ボギーの「73」。通算5オーバーとしたが、予選通過ラインとなる62位タイでフィニッシュ。ギリギリで決勝ラウンドへの進出を決めた。

初日に引き続きドライバーに苦しめられる結果となった横峯。「ドライバーが2、3回曲がってしまって、そこでボギーを叩いてしまいました。ティショットさえ真っ直ぐ行けば良かったんですが、今日はごまかしながらのラウンドでした」と振り返った。最初は右へ右へと曲がっていたが、「ラウンド中に、ちょっとは修正できたと思います」とも。「思い切りプレーしたいですね」と、2年連続の決勝ラウンドに向けて意気込んでいた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。