ニュース

米国女子クラフトナビスコチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ
期間:04/03〜04/06 ミッションヒルズCC(カリフォルニア州)

出遅れるも、ショットの不安は解消! 明日の巻き返しを誓う

2008/04/04 16:20


2年連続で「クラフトナビスコチャンピオンシップ」に出場している横峯さくら。海外勢の中にあっても屈指の飛距離を誇る横峯だが、この日は硬く速いグリーンと、午前中から強く吹いた風に苦しめられる1日となった。

「硬いグリーンに悩まされた」と話す横峯は、スタートホールの10番パー4で、いきなり3パットによるボギー。続く11番パー5でバーディを奪うも、13番、14番のティショットを「持ち玉のフェードが、ドロー気味になっていた」と左に曲げてしまい、連続ボギー。17番でもボギーを叩き、前半で3オーバーとスコアを崩す立ち上がりとなる。

後半の2番パー5でも、ティショットを左に大きく曲げてOBとし、ボギー。しかし、このOBが立ち直りのきっかけとなる。「自分の中で忘れていた部分、左脇を締めることを思い出しました」と振り返る横峯は、以降は本来のフェードが蘇える。「ラウンド中に修正できて良かった」との言葉通り、3番からはバーディこそ奪えなかったものの、すべてパーで凌ぎ切った。

最終的には1バーディ、5ボギー、昨年と同じ4オーバーでホールアウト。67位タイと4人の日本勢の中ではただ1人出遅れる結果となったが、「4オーバーなら仕方ありません。よく耐えたと思います」と振り返った。明日以降も強い風が吹くことが予想されるが、「コースに早く慣れることですね。慣れれば何とかなると思います」と、予選突破には苦手な風の克服が課題となる。ショットの不安は解消した。明日は飛距離のアドバンテージを活かしてバーディを量産する、本来のスタイルを取り戻して欲しい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 クラフトナビスコチャンピオンシップ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。