ニュース

国内女子中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

病み上がりでもアンダーパー! 首位と5打差の18位タイ発進

2007/05/18 00:00


前週の「ヴァーナルレディース」では、蕁麻疹のために2日目スタート前に棄権した横峯さくら。出場が危ぶまれた「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」だったが、「体に違和感はありません」と元気な姿で登場した。その初日は、上田桃子諸見里しのぶの“ワールドカップコンビ”との組み合わせとなった。

「すごく良い組み合わせ。自分は自分、マイペースで行こうと思った」と話す横峯は、1番から3番までを連続パー。「グリーンが重くて、ラインも読みにくかった」と、自分のフィーリングに合わないグリーンに戸惑いながらのスタートとなった。それでも4番パー3でこの日の初バーディを決めると、その後もパーで凌ぎ続け、前半を1バーディ、ノーボギーとまずまずの内容で前半を終えた。

<< 下に続く >>

迎えたバックナインの13番、持ち前の飛距離を活かせる得意のパー5でバーディを奪うと、15番、16番と連続バーディを奪取。このまま流れに乗るかと思われたその直後、17番、18番と上がり2ホールで連続ボギーを叩き、後味の悪い締めくくりとなってしまった。結局この日2アンダーは、首位と5打差の18位タイ。病み上がりということを考えれば、上々の滑り出しと言えるだろう。

前日のプロアマ後には、「このコースは以前まで苦手意識が強かったけど、1年ぶりに来て見ると(苦手意識が)薄れたかな?」と話していた横峯。初日のアンダーパーは、本人の言葉通り着実に成長を遂げている証拠だ。「天気にもよりますが、とりあえずアンダーパーを狙います」と、明日以降のさらなる上位進出を誓った。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!