ニュース

米国シニア全英シニアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2007年 全英シニアオープン
期間:07/26〜07/29 場所:ロイヤルトゥルーンGCオールドC(スコットランド、ミュアフィールド)

首位にはN.ファルドら4人が並ぶ大混戦! 日本勢もまずまずのスタート

シニアツアーのメジャー戦でもある、米国チャンピオンズツアー第19戦「全英シニアオープン」が、スコットランドにあるミュアフィールドで開幕。初日首位に並び立ったのは、デイブ・ストックトン(アメリカ)と、G.J.ブランド、ニック・ジョブ、そしてニック・ファルドのイングランド勢。

この試合がシニアデビュー戦となるファルドは、アウトで3連続を含む5バーディ、1ボギーという内容で存在感を示したが、インでは1バーディ2ボギーと勢いが落ちて3アンダー止まり。同じく出入りの激しいゴルフを展開したジョブと、4バーディ、1ボギーの安定した内容でラウンドしたブランド、ストックトンと共に首位に立っている。

<< 下に続く >>

首位と1打差の2アンダー5位タイグループには、ロニー・ニールセン(アメリカ)、デニス・ワトソン(ジンバブエ)ら6人がひしめく状態。さらに首位から2打差の1アンダー、11位タイグループには12人が並ぶ大混戦。ジェイ・ハース(アメリカ)、エドアルド・ロメロ(アルゼンチン)、トム・カイト(アメリカ)らの実力派がズラリと顔を揃えている。

注目の日本勢は、昨年15位タイに食い込んだ室田淳中嶋常幸をはじめ、渡辺司海老原清治友利勝良の5人が首位から3打差のイーブンパー、23位タイにつける上々のスタート。倉本昌弘は2オーバーの55位タイ、尾崎直道は3オーバーの65位タイでホールアウトしている。また、青木功は5オーバーの87位タイ、須貝昇は7アンダー109位タイと、出遅れのスタートとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 全英シニアオープン




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!