ニュース

米国シニア三菱電機選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2016年 三菱電機選手権
期間:01/21〜01/23 フアラライGC(ハワイ州)

最終ホールで決着 ウォルドーフが開幕戦を制す

◇米国シニア◇三菱電機選手権 最終日◇フアラライGC(ハワイ)◇7053yd(パー72)

首位からスタートしたダフィー・ウォルドーフが6バーディ、ノーボギーの「66」でプレーし、通算18アンダーでシーズン開幕戦を制した。1打差の2位には2011年賞金王のトム・レーマンが続いた。

最終組でプレーした両者は通算17アンダーで並び最終18番へ。レーマンがパーとしたのに対し、ウォルドーフがバーディを奪い勝負を決めた。ツアー通算2勝目となった。

前年まで4年連続賞金王のベルンハルト・ランガー(ドイツ)は通算12アンダーの8位。大会2日目にエージシュートのトム・ワトソンは通算11アンダーで、前年覇者のミゲル・アンヘル・ヒメネス(スペイン)らと並び11位で大会を終えた。

唯一の日本勢・井戸木鴻樹は通算6アンダーの23位でフィニッシュした。

関連リンク

2016年 三菱電機選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~