ニュース

米国シニアタートルベイ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2003年 タートルベイ選手権
期間:10/10〜10/12 場所:パーマーコースatタートルベイリゾート(ハワイ州)

H.アーウィンが大逆転で同一大会4連覇の偉業を達成!!

米国チャンピオンズツアー第29戦『タートルベイ選手権』が、ハワイのオアフ島にあるパーマーコースatタートルベイリゾートで開催された。今大会の注目は、チャンピオンズツアーでは誰も為しえなかった同一大会4連覇に挑むヘール・アーウィンだった。

初日4アンダーをマークしアーウィンが首位に立つと、周囲はすでに4連覇の話題で持ちきりになった。しかし2日目、4つのボギーが先行し後半3バーディを奪ったが、1ストローク落とし首位と3打差の3位に後退してしまった。

<< 下に続く >>

しかし、最終日は序盤からバーディを奪い、6アンダーの単独首位からスタートしたトム・カイトを捕え単独首位に踊り出た。逆転されたカイトは、バーディを奪うのだが、勢いに乗れず逆にボギーを叩く悪循環でこの日はイーブンパーどまりだった。

会場となったタートルベイリゾートは、ハワイということもあり海からの風が選手たちのショットを悩ませた。その風を読みきったかと思わせるほどアーウィンのショットコントロールは優れていた。6バーディ、1ボギーで5ストローク伸ばし通算8アンダーで見事な逆転優勝を果たし、同一大会4連覇の偉業を達成。1997年にもこの大会で優勝しているので、同一大会5勝という記録も打ち立てた。

2打差の6アンダー単独2位にトム・カイト、3打差にはコースレコードの「65」をマークしたグラハム・マーシュが、20位から一気に順位を上げた。2日目には4番ホールから4連続ボギーを叩き、その直後の8番パー3ではホールインワンを達成。派手なゴルフをしていた。前日の失敗を繰り返さないことが大事なのだが、前日とは逆に6番ホールから4連続バーディも奪った。

今週の日本勢は、青木功が唯一出場した。初日イーブンパーの16位とまずまずのスタートを切ったが、2日目には4オーバーで32位に後退。しかし最終日は6バーディ、2ボギーと攻撃的なゴルフでスコアを伸ばした。スコアをイーブンパーに戻し19位に入った。

また、チャンピオンズツアーに女性として初参戦したジャン・ステファンソンは、最終日に初めて80を切る76でラウンドしたが、通算26オーバーで参加選手中最下位に終わった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 タートルベイ選手権




特集SPECIAL

松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。
世界の一流選手のスイングをハイスピード動画でスロー再生。特定選手のスイングを正面・後方からじっくり研究したり、他の選手と比較してみるなど楽しみ方は色々。まずはとくとご覧あれ!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!